杉山てつやの株の教材の中身はどんな感じなの?

杉山てつやの株の教材の中身はどんな感じなの?
テキストの目次です

 

杉山てつやの株を検証するのにかかせない、教材の中身を解説します。
購入前にどのような教材なのか参考にしてみてください。

教材は株の基礎から入っているので、
最初から順番に読んでいくと、スムーズに学べるようにできています。

初心者の方なら、そのまま読み進めればいいので、分かりやすいですよね。

 

テキストは190ページの20章で構成されているのですが、
それぞれのパートが項目ごとにも別れているので、
自分が学びたい部分をサクッと読んで知識を身につける、なんてことも可能です。

「ローソク足とかチャートの見方は知ってるよ」
なんて場合は飛ばして読むことができます。


さて、中身の構成ですが、全体で3つの要素からなっています。

・基礎
・メインロジック
・応用


それぞれを解説していきましょう。

 

杉山てつやの株、テキストの中身

その1:基礎

基礎編では、ほんとに株の基礎から解説されています。

株投資とは?や投資家としての心得などメンタル面の話もあり、
ローソク足の読み方から相場の開いてる時間、証券会社の選び方
など

株投資を始めるのに必要な知識がコンパクトにまとまっています

ここを読むだけで、稼げる株投資をするための必要最低限の知識が身に付きます。

 

その2:メインロジック

6つの条件の解説ページが中盤から始まります。

ここが杉山てつやの株のメインで、多くの図解やチャートなどがふんだんに使われていて
とてもわかりやすく書いてあります。

パソコンの横において読みながらでも実践できる感じです。

 

また6つの条件をベースにして
「なぜこのポイントでエントリーするのか」
「なぜ損切りのラインはここか」
「なぜこの値で利益確定なのか」

などの、株初心者が疑問に思うこともていねいに解決してくれています。

 

もちろん、6つの条件以外でも、
相場の上昇と下降傾向を見極める方法、
25日移動平均線を使って効率よく売買タイミングを見つける方法
ボリンジャーバンドを活用した稼ぎ方

などなど

実践で使える投資テクニックがたくさん解説されています。

 

このページで投資テクニックを手に入れれば、株で楽しく稼いで行けますよ。

 

その3:応用

最後の応用では、これから先の投資活動について
アドバイス的な記述がたくさん書いてあります。

たとえば、
さらに稼げる投資家になるためには?
今後も安定して稼ぎ続けて行くには?
効率よく運用して資産管理を成功させる方法

など、

将来も株投資で儲けていくための、
投資家としてのエッセンスが杉山てつや流に解説されています。

ここはテクニックというよりは、どうするべきか?という
指南というかアドバイスがメインです。

このような解説は稼ぎ続けるためには、とても後々で大切で役に立ちます。

 

以上が杉山てつやの株の教材の中身ですが、
これほどまでに株投資の基礎知識とテクニックがバランスよく書いてある教材は
他にありません。

一度、公式サイトで確認してみることをオススメします。

⇒とりあえず杉山てつやの株の詳細確認してみる

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ